フォトギャラリー

フォトギャラリー

1年目職員は多職種で救急蘇生の研修を行いました
3法人合同「国家試験対策セミナー」を実施
月毎に季節を感じられる4階緩和ケア病棟
毎月、様々な企画で学習する奨学生
医療・看護・福祉・近隣医療機関と365日24時間連携でつなぐ2次救急の病院です
東京ほくと医療生活協同組合は、王子生協病院をセンター病院として、東京都北区、足立区、荒川区の3区に又がり、8診療所、5訪問看護ステーション、歯科診療所、介護施設で構成されています。
さまざまな状態に対応する2次救急医療、乳児から高齢者までの外来医療・24時間対応の在宅医療・充実した介護福祉事業で、いつでも、誰でも安心して過ごせる地域を目指しています。
私たちは、状態に応じた専門看護で連携しています
「外来」は救急~専門外来までの外来の看護師としての役割は無限大です。
王子生協病院の病棟は「回復期リハビリ病棟」「緩和ケア病棟」「急性期病棟」「慢性期病棟」の4病棟があり、病棟ごとに専門看護の機能を果たしています。
また「お金のあるなしで命を差別しない」を理念の下、「ベッド代金の差額なし」を貫き、地域の患者さん・職員と共に医療を実践をしています。
患者さんと患者さんのご家族の安心が途切れないように、365日私たちが見守ります
患者さんが自宅でも継続した医療を行っていけるように「往診診療」・「訪問看護」を行っています。
「往診診療」での看護師の役割は、在宅レスピ管理・自宅でのお看取り・介護相談など多岐にわたっています。
また「訪問看護」では必要な看護が途切れないよう、病院・在宅チーム・介護福祉事業所と連携し、24時間、地域の方の在宅療養を支えています。