王子生協病院看護学生室のブログ

2019年夏の高校生看護体験開催中

高校生
こんにちは。早いもので夏休みとなり、猛暑が続いています。
皆さんはこの夏休みはどのように過ごしていますか?

7/25(木)より開催の高校生看護体験が中盤を迎えました。
看護学生がお手伝いで参加に入ってもらう時もあり、院内は若い熱気で溢れていました。
この夏の体験職場は、3~4人で1グループとなり「病棟」「外来」「看護技術」に分かれて体験します。
病棟での体験では、患者さんの足を洗わせてもらう体験をしました。
「人の足を洗う体験をするのは初めてで緊張しすぎて患者さんとお話しができなかったけど、看護師さんは患者さんとコミュニケーションをとりながら足を洗っていたので尊敬した」
と感想を語ってくれた高校生がいました。

看護技術の体験では、ベッドでの寝衣交換や操作、車椅子操作や血圧測定など行います。
看護体験に行く前は緊張していた高校生も体験が終わると、大半の高校生がグループ内の人と打ち解け、体験に行く前より明らかに表情が明るく笑顔で戻ってきます。
この体験を通して、「やっぱり看護師になりたい」「医療系に進学したい」「私には難しい」という気持ちを確認することができた様です。

高校生看護体験は後半戦に入っていきますが、まだたくさんの高校生が王子生協病院に体験で足を運びます。
今後、更に暑さが増しそうですので、体調にはくれぐれも注意し、楽しい夏休みを過ごして下さい。