奨学生の声

王子生協病院の看護奨学生に奨学生活動や、現在の思いについて聞いてました。
学校も専門学校、大学、学年もそれぞれですが、共に学び、育ちあいながら看護師を目指しています。
年度途中からでも可能です。あなたも是非、東京ほくとの看護奨学生になりませんか?
お問い合わせお待ちしています。

奨学生の声.1

患者さんを支えながら地域医療に貢献したいと思います

Q1.看護師の志望動機を教えて下さい

私が看護師を目指している理由は、ある看護師さんに出会ったことでした。
私の母は難病で、私が小さい時から現在も入院をしています。私はずっと、母のように病気で苦しんでいる患者さんを助けたいと思っていました。
母の病院に行く度、その看護師さんは母を笑顔にしたり、私に優しく声を掛けてくれ、不安を取り除いてくれました。
いろんな看護師がいる中で、私にとってその看護師さんの存在がとても大きく、また私の理想となり、看護師になることを決意しました。

Q2.奨学生になったきっかけを教えて下さい

私は高校生になってから色々な所で看護体験をしてきました。王子生協病院では2回看護体験に参加をしましたが、2回とも担当した看護師さんが参加した私たちに対して看護の事を優しく教えてくれたこと、また患者さんとの距離が近いのを感じ、王子生協病院で将来働きたいと思ったからです。

Q3.現在の学校生活について教えて下さい

高校生の頃と違って、新しい科目や勉強量も増えて大変です。またテストの回数も多く、毎日が勉強でいっぱいいっぱいの状況です。
しかし、同じ夢を持ったクラスメイトがつまづいてしまった時に助けてくれるので、看護学校生活は周りと協力しながら送ることができています。

Q4.将来、どんな看護師になりたいですか?

身体的な面だけでなく、精神的な面でも、また1人でも多く患者さんやその家族を支えられる看護師になりたいです。

T専門学校 1年 H・S

奨学生の声.2

「ここなら自分のやりたい看護ができる」と思い決めました

Q1.看護師になろうと思ったのはどうしてですか?

僕はもともと臨床工学士を目指していましたが、幼い頃からの友人が高校生の時に癌を患い、亡くなりました。
その友人が入院中にお見舞いに行った際に、何度も看護師さんとお話しをする機会があり、患者さんのより近いところで生きることを支援をする看護師の意義を感じ、急遽、看護師を志すことに決めました。

Q2.奨学生になったきっかけを教えて下さい。また、奨学生活動の内容を教えて下さい。

入学してみたら予想以上に大学はお金が掛かり、学校の進路担当の先生に学費や奨学金の相談をした時に、将来、自分のやりたいことや適性なども含め、王子生協病院を薦めてもらったのがきっかけでインターンシップを行い、奨学生になることを決めました。
奨学生の活動は、月に1回の看護奨学生会議があり、同じ法人の奨学生たちと一緒に毎月違う内容で学習をしています。
また年に2回、他法人の看護学生と学習や交流する機会がありますが、僕は今年、企画と運営を行うことになりました。
僕は様々な学校の学年が違う看護学生と交流できたりするのも、民医連だからこそできるのだと学習を通して感じました。

Q3.学校生活や勉強について教えて下さい

僕の大学では、男子学生は1割ほど在籍しています。1年生で解剖生理等の基礎を学び、2年生で実践に向けた技術習得を学び、これから実習に出るので
忙しくなります。

Q4.将来はどんな看護師になりたいですか?

僕は将来、緩和ケアで働く看護師になりたいと思っています。
患者さんの人生の中で、僕が看護師として関わる時間はほんの少ししかありませんが、患者さんとその家族の望むことを理解し、目的と根拠を持った看護を提供したいです。また、患者さんがその人らしく生きる上での支援をし、この看護師がいて良かったと思ってもらえるようになりたいです。

B大学2年 N・K

奨学生の声.3

サンプル画像
「人と人との関係性を重視した看護」 をしたいと考えています 
K大学 2年 A・Yさん

Q1.看護師になろうと思った理由を教えて下さい

小学生の頃、祖父が入院した病院の看護師さんが優しく、てきぱきとしていてその姿に小さいながらも憧れました。高校1年生の頃までは養護教諭を目指していましたが、看護体験に行き、患者さんに最も身近な存在である「看護師」になりたいと思うようになりました。

Q2.奨学生になったきっかけは何ですか?

高校生の時に、学校に看護体験のお知らせがあり、それを申し込んだきっかけで「医療体験」「看護体験」「ボランティア」などに参加させていただきました。
その際、地域の方と「人と人との関係性を重視した看護」をそこで目の当たりにし、そういうかっこいい看護師になりたいと思い、奨学生になろうと決めました。

Q3.奨学生になって良かった事を教えて下さい

技術や知識についてのアドバイスをしていただけることには安心感があります。学校の授業ではなかなか考えることのないテーマについて、看護学生として考えるべき、知っておくべき重要な事を学び、考えることができること。また、学校以外の学生さんや看護師さんと交流できるところです。

Q4.現在の学校生活について教えて下さい

夏に学科や技術試験に加え、実習もあり不安なことだらけですが、実技試験前には必ず師長に相談しています。バイトをしない代わりに奨学金をもらっているので、試験勉強や実技練習も集中することができます。

Q5.将来の看護師像を教えて下さい

技術や知識がしっかり身についているのは当たり前で、「人間性のある看護師」になりたいです。患者さんに対して人として関わることができ、「この看護師さんにお任せしたい」と思ってもらえるような信頼関係を築いていきたいです。

奨学生の声.4 

社会人経験のあるSさんにインタビューしました

Q1.看護師を目指したきっかけを教えて下さい

母が末期の肺癌で在宅で看病していた時、訪問看護師さんと出会った事です。看護師さんは、母が病気で苦しい時でも、その人らしく生きることを全力で応援してくれました。そういう姿を間近で見て、自分も看護師を目指したいと考えるようになりました。

Q2.奨学生活動で実際に役立った企画や学習を教えて下さい

以前、看護学生企画の「看護実践講座」に出席しました。実際に現場で働いている看護師さんから「採血」「一次救急」の措置を丁寧にアドバイスしていただきながら技術を練習したので学校の演習で学んだことが発展しました。
また昨年、私は関東近辺の奨学生が集まる交流会の実行委員をさせていただきました。この企画は交流が目的だけでなく、看護学生として自分達で学習する内容も決め、2016年度は「憲法25条を学ぼう~私たちが未来にむかって何ができるのか~」という内容で、他法人の学生さんと一緒に取り組みました。この奨学生活動を通して、学校以外の看護学生さん達と交流することも楽しみになっています。

Q3.どんな看護師になりたいですか?

患者さんがいつまでもその人らしく生きていけるように、知識や技術だけでなく、患者さんの人生に向き合っていける看護師になりたいと思っています。現在、3年生ですが、まだ実習もあり、卒業論文を書きながら国家試験の勉強もしていかなければいけません。
精神的にきつい状況ですが、看護師になるために、最後の追い込みまで頑張りたいと思います!

T専門学校 3年 I・Sさん