奨学生活動についてご紹介します

2017年 奨学生活動の内容を紹介します

東京ほくと看護奨学生活動は、毎月、第3土曜日の午後より「奨学生ミーティング」を行い、学習会・奨学生同士や職員との交流を行っています。
年2回、春に県連企画「LLL」・秋に関東5県連企画「NEF」という大きな企画があり、学生が企画・運営を行い、参加します。
また、看護師になる為の、国家試験勉強のサポートなども行っています。
現在、専門学校・大学の1年生~4年生の10名が東京ほくとの看護奨学生として活動しています。
奨学生活動は、学習面だけでなく、学校や年齢を越えた同じ目標に向かう仲間や、先輩看護師・職員・
患者さんと知り合う機会があります。
あなたも、東京ほくとの奨学生になって一緒に奨学生活動を行いませんか?

2017年

2017年

4月15日(土) 理学療法士による「トランス」学習会・実践

4月の学習会は、理学療法士さんが講師で、ベッドから起こし方、またベッドから車椅子への移動の仕方を教わりました。患者さんも片麻痺を想定し、お互いに移乗の実践しました。学習せずに移乗介助を行うのと、プロに教わり行うのでは、術者の腰への負担が大きく異なり、今後、実習で生かせる良い学習となりました。

6月17日(土) 看護師による「緩和ケア」学習会

今月は、4階緩和ケア病棟の看護師さんが講師で「緩和ケア」について学習しました。低学年の奨学生は、学校の講義も受けていないので良い機会になりました。緩和ケアの概念を改めて学習し、実際の事例報告を受けて、グループディスカッションを行い、より緩和ケアについて「学びたい」という思いが高まった内容でした。