奨学生活動についてご紹介します

2018年度 奨学生活動の内容を毎月紹介します

東京ほくと看護奨学生活動は、毎月、第3土曜日の午後「奨学生ミーティング」を行い、学習・交流などを行なっています。

年2回、春に東京の奨学生企画「LLL(スリーエル)」
秋に関東5県連企画「NEF(エヌイーエフ)」という大きな企画があり、看護学生が企画・運営を行い参加をしています。

また、法人合同で学生企画や看護師になる為の国家試験勉強のサポートなども行っています。
現在、専門学校・大学の1年生~4年生の11名が東京ほくとの看護奨学生として活動しています。
奨学生活動は、学習面だけでなく、学校や年齢を越えた同じ目標に向かう仲間や先輩看護師・職員・患者さんと知り合う機会があります。
あなたも、東京ほくとの奨学生になって一緒に奨学生活動を行いませんか?

2018年度

4月21日(土) 「なんでも相談会」より

毎月、第四火曜日に王子駅前で「なんでも相談会」を行っています。以前、組織部にいた富田さんが講師となり、事例や振り返りの報告をしてくれました。回を重ねるごとに相談者が増えており、様々な職業の方と協同で行っている取り組みの内容が分かりました。

6月16日(土) 「国家試験対策セミナー」

卒年内定者と奨学生に向けて、3法人合同の「国家試験対策セミナー」を行い30名の学生が参加をしました。今年は2回開催することとなり、今回は1回目の開催となりました。昨年に引き続き、簱谷愛紀子先生に講師をしていただき、実りある3時間となりました。

7月21日(土) 「在宅・グループホーム訪問」

「在宅患者宅訪問」「グループホーム訪問」の2グループに分かれて訪問へ行き、お話しを聞きに行きました。在宅などで療養中の患者さんとお話しするのは初めての経験で、一緒に同行した看護師さんの巧みな会話や、コミュニケーション技法を学びました。
「注射法」実習の様子

8月18日(土) 「注射法」実習

今月は看護師さんによる「注射法」の講義と実習を腕の模型を使って行いました。初めて採血を経験する1年生、今回で何回目だろうという2~3年生、何年か前にやったかなという4年生。それぞれ一人ずつ、先輩に教えてもらいながら、色々な方法で採血を体験しました。
夕食交流会の様子

8月18日(土)  夕食交流会で先輩看護師と交流

奨学生が待ちに待った、年1回の看護師&奨学生・内定者参加の夕食交流会を今年も王子の中華料理店で行いました。ビンゴゲーム、低学年の学生による卒年の他己紹介など行い、お腹いっぱいで楽しいひと時をみんなで過ごしました。来年はお好み焼きがいいな…との声も。
移乗のお手本

9月15日(土) リハビリセラピストから学ぶ車椅子移乗

今回の学習会ではベット→車椅子、車椅子→ベッドへの移乗を作業療法士さんから教わりました。実習でも患者さんの移乗を行うことがあるので、学習・実践したことで、移乗のコツをつかめて良かったという感想が多くあがりました。
セミナーの様子

10月20日(土) 国家試験対策セミナー2

今年2回目の国家試験対策セミナーを3法人合同で行いました。今回は重要疾病、解剖生理、病体生理、看護までの広い範囲での講義でした。卒年で国家試験の勉強を開始している人はそれぞれでしたが、「国試勉強しなきゃ!!」というモチベーションにつながったようです。