奨学生活動についてご紹介します

2019年度 奨学生活動を毎月紹介します

東京ほくと看護奨学生活動は、毎月第3土曜日の午後「奨学生ミーティング」を行い、学習・交流を深めています。
現在、専門学校2~3年生・大学の1年生~4年生の学生10名が、東京ほくとの看護奨学生として活動しています。

年2回、5月に東京の奨学生企画「LLL(スリーエル)」
11月に、関東5県連企画「NEF(エヌイーエフ)」という大きな企画があり、看護学生が企画・運営を行い、どちらも参加をします。

年数回、外部講師による「国家試験対策セミナー」を開催し、国家試験のサポートも行っています。
また、夏休みには「交流会」も行い、奨学生と職員が楽しく交流します。

奨学生活動は、学習面だけでなく、学校や年齢を越えた同じ目標に向かう仲間や先輩看護師・職員・患者さんと知り合う機会があります。
あなたも、東京ほくとの奨学生になって一緒に奨学生活動を行いませんか?

2019年度

4月27日(土) 「感染症」

「感染」について学習し、学校で学んだことを改めて深めました。
実際の現場では、手指消毒は短時間で行っている事を知り、感染対策は、自他共に守る事ができるものなので、今後も「感染しない、させない」を頭に入れて、手洗いを継続していきたいと感想がありました。
セミナー風景

6月15日(土) 「国家試験対策セミナー1」

東京保健生協・健康文化会・東京ほくと医療生協の三法人の看護奨学生と内定者が集まり、外部講師による国試セミナーを開催しました。よく出る国試問題を解き、詳しく解説。これから国試勉強を始める卒年学生のモチベーションとなりました。